コンテンツへスキップ

耐震住宅における工務店の臨機応変な対応

日本のどこかで災害が起こると、思うことがあります。それは「ああ、注文住宅で新築一戸建てを建てて良かった」と。わが家は耐震住宅だというわけではないのですが、しかしそこそこには地震対策をしています。

例えば、基礎工事における杭を深めに入れるといったように。ちっとも専門的な伝え方ではないので、イマイチ耐震性があるように思えないかも知れませんが、けれど「杭を深めに入れる」ということだけでもその分お金はかかりますし、そして耐震性もあがるんです。

例えば高層ビルなんかを建てるときは、何階建てか分ぐらいに深ーく穴を掘りますよね。我が家にしてもちょっと深めに穴を掘って、そして杭も深く入れているのです。これはこちらからリクエストしたのではなく、耐震性を上げるために、注文住宅の建設を請け負った工務店側からの提案です。

このように、土地に応じて家の構造を対応してくれるところも、工務店にて注文住宅で建てて良かったと思う点ですね。耐震性においても、地元工務店の臨機応変な対応は頼もしいです。