コンテンツへスキップ

新築一戸建ての持ちを良く見せるのに壁は大事

新築一戸建てで家を建てたので、やはり持ちがいいと思っています。そしてまた、私たちが建てた新築一戸建ては、基礎工事もそうですけれど、外壁や断熱材、壁材にしても、そこそこにお金をかけて作りましたので、そのことも家の持ちがいい理由かと自分たちは思っています。

壁の仕上げ材にしても、安価なクロスにしようかと思ったのです。しかし、クロスは劣化が目立つと聞いていましたし、木造住宅の場合ですと、築1年目でクロスがダメになるとも聞いていたからです。なんでも、木造住宅は新築してから1年ぐらいは、木材が湿気を吸収して多少なりとも膨張するということなんです。そして、木材の膨張にともなって、その上に貼られているクロスも裂けたり変なふうにヨレたりもするということで。ですから新築してすぐにクロス張替えになる家もあると聞きました。

それならば、リフォーム張替えの必要がないシナベニアの仕上げ材にしようと思ったのです。そして今で築15年越えですが、シナベニアの壁は劣化を感じさせず美しいです。ただ、設備のプラスチック製の部分に関しては日焼けなどから劣化を感じさせますが。しかし家の大部分を占める壁が今でもキレイですから、持ちがいいという印象になりますね。