大規模事業者向けソーラー発電情報.com Rotating Header Image

悪質リフォーム・リフォーム詐欺

リフォームをする際気を付けておかねばならないこと。リフォームはなかなかのお金をかけてやるため、悪徳商法や、詐欺に狙われるというケースがあります。悪徳商法としては、悪徳リフォームと呼ばれるもの、詐欺としては、リフォーム詐欺と呼ばれるものが存在します。

悪質リフォームは、契約金額が500万未満の場合、建設業許可なしで工事が出来る。その上、建物の構造を考える必要がないので素人でもやろうと思えばできてしまうそうです。

なので、事例でいうと、訪問販売で高齢者や知的障害者を相手に強引に高額の契約をし、工事は雑に終わらせるなど、最悪の場合は、自宅を競売にかけられるなどといったケースもあります。これらを防ぐためには、成年後見制度というものを利用することで、防ぐことが出来ます。

リフォーム詐欺は、工事をするという意思や能力がないのに、被害者に対して虚偽の事実を言い、材料費名目でお金を請求するといったことです。

コメントを残す