トイレを広く取ればよかった

制震設計で新築一戸建てを建てるときに、トイレのことについてそんなに意識をしていないことが多くありませんか?それはトイレというのはインテリアとして、あんまり関心がないと思ってしまうのです。ところがトイレというのは、毎日利用するところで、一番関心を持って考えるべきところと思うようになりました。
特に新築の場合は、そのトイレについて真剣さが足りなかったと反省しています。その中でも、特に後悔をしているのはトイレが狭いということです。女性の私はそのことについて、特に不便と思っていませんでした。ところが、子供たちが大きくなって来ると、その狭さがたまらないようです。トイレの中で、圧迫感を感じてしまうということでした。
そのため、もっと広めに設計をするべきだったと思っています。子供が小さいうちは、そのことについてわかりにくいです。そんな場所が多くあり、その一つとしてトイレがあります。今後リフォームなどで真剣に考えていきたいと思っています。